【ibz着圧下着】効果なし!と思う前に、正しい使い方とケア方法

こんにちは!1児のママのハナコです。

「まだ30代なのに尿漏れなんて…下半身だけおばあちゃんになっちゃった…」

と泣きそうな産後のまっ最中です。

くしゃみをしては尿漏れでヒヤっとし、トイレには毎回駆け込む毎日を過ごしています。

外出するのが怖い…と思ったときに、「これわたしのおばあちゃんが言ってたやつじゃん!」と気づいてがく然としています。

どうやらこの尿漏れの原因は、出産で『骨盤底筋』が緩んでしまったことだそうです。

自然に治ることもあるのですが、何もしないとそのままだったり、『子宮脱』などの恐ろしい病気に発展することも…怖すぎる!

ということで何とか対策したい私は、『骨盤底筋』を引き締められるアイテムの
ibz着圧下着』に注目しています。

ibz着圧下着は特殊なサポーターを内蔵した下着で、履くだけで骨盤底筋を鍛えられるそう!

女のプライド的に尿漏れの薬に頼ったり、変な器具で鍛えたり…というのが嫌な私にぴったりです。

しかし、ibz着圧下着について調べていると、「効果なし」という体験談を見つけました。

「やっぱり履くだけで筋肉を鍛えるなんて難しいのかな…?」と思い、体験談をくわしくみてみました。

すると、「効果なし」という体験談を寄せた人は着用頻度がかなり少なかったことがわかりました。

なぜたまにしか履かないと効果がでないのでしょうか?

ジムトレーナーの友人に聞いてみたところ、ibz着圧下着のような「ながら筋トレ」をするアイテムは次の2つのポイントが大切だそうです!

  • 締まっているトコロを意識して生活する
  • なるべく毎日着用する

なぜこの2つのポイントが重要なのか、くわしく解説します!

 

ibz着圧下着の「効果なし」という体験談

ibz着圧下着は履くだけで骨盤底筋をサポートして、尿漏れや膣圧アップなどのケアができるお手軽アイテムです。

しかし、ネットで「ibz着圧下着を履いてみた」という体験談をみてみると、「まったく効果がなかった」という体験談がありました。

「彼氏に「もうちょっと密着感が欲しいよね」と言われてしまい…膣ケアをしたくてibz着圧下着を購入しました!

膣ケアアイテムというと入れるタイプのものがほとんどで、彼氏や家族にみつかったらと思うと、さすがに抵抗が…

ibz着圧下着なら履くだけなので恥ずかしくない!と思い期待していました。

とりあえず、と思って1枚だけ買って週に1日は履くようにしていたのですが…ほとんど効果が感じられません。

たしかに履いた瞬間のぎゅぎゅっと感は「締まってる~」と思うのですが、脱いだらいつも通りに戻ってしまうのか、密着感は変わらずです。

やっぱり履くだけで鍛えるっていうのは難しいんですね…」

ibz着圧下着で「効果なし」と思う理由

先ほどの体験談では「週に1回ibz着圧下着を履いたけれど、履いている間は締まっていたのが、脱ぐと元に戻ってしまう」という内容でした。

いくら履いている間に締めつけてくれていても、脱いだらすぐにゆるんでしまうのでは、骨盤底筋を鍛えられているとは言えませんよね。

「やっぱり履いただけじゃ筋肉って鍛えられないの?」

三度の飯よりプロテインが好きな、ジムトレーナーの友人K君に聞いてみました!

K君によると、「履いただけでも筋肉は鍛えられる。けど、週に1回だけじゃいつまでたっても鍛えられないよ」ということでした。

ibz着圧下着は毎日履かないと効果なし

暇さえあれば筋トレばかりしているジムトレーナー、K君の話によると、ibz着圧下着のような「低負荷タイプ」のトレーニングアイテムは「毎日使うこと」が前提なのだそうです。

「負荷」とは、トレーニングするときの「しんどさ」の事で、ダンベルのような重たいものが「高負荷タイプ」、ibz着圧下着のような、力をあまり入れなくてもいいものが「低負荷タイプ」にあたります。

筋トレをするときは、使うアイテムが「高負荷タイプ」か「低負荷タイプ」かで、トレーニングする回数を変えるのが常識です。

ダンベルのような「高負荷タイプ」を使って腕を鍛える場合、『8~13回の腕を曲げる動作を、1日3セット、週に2回から3回』行うのが一番効果が出る、という黄金ルールがあるそうです。

一方、「低負荷タイプ」のアイテムを使う場合は、「毎日、常につけておく」のが一番効果が上がりやすいそう。

しんどさが軽い分、回数をたくさんこなして筋肉を鍛えていく必要があるので、基本的には毎日つけるべき、とのことでした。

「低負荷タイプ」のトレーニングアイテムといえば、他にも手首や足首につける重りがありますが、たしかに運動選手などがいつもつけているのイメージがありますね。

つまり、毎日履きさえすれば「履くだけ」でも骨盤底筋はしっかりケアできるということです。

これならズボラな私でもきちんとケアが続けられそうです。

ibz着圧下着で効果を出すには?

三度の飯がプロテイン状態のジムトレーナー、K君によると、ibz着圧下着のような「ながら筋トレ」アイテムは、効果が出やすくなるポイントがふたつあるそうです。

そのポイントとは、

  • なるべく毎日履くこと
  • 締まっている場所を意識しながら生活すること

なのだそうです。

なぜこのふたつが大切なポイントなのか、詳しく聞いてきました。

 

なるべく毎日履く

ibz着圧下着のような履くだけで筋トレができるアイテムは、筋トレによく使うダンベルなどと比べて、とても負荷が軽くなっています。

ダンベルでいうと、500gくらいのとても軽いダンベルのイメージです。

500g位のダンベルで筋肉を鍛えようと思ったら、ダンベルを持ち上げる運動をかなりたくさんの回数をこなす必要があります。

それと同じで、負荷が軽いibz着圧下着で筋トレ効果を出すには、なるべくたくさんの時間履いて常に筋トレしている状態を作るのが大切です。

レース使いの可愛い下着を履きたい日もあるとは思いますが、勝負日以外は毎日ibz着圧下着を履くようにしましょう。

締まっている場所を意識して生活する

ibz着圧下着をただ履くだけではなく、骨盤底筋がギュギュっと締まっているのを意識して、時々自分でも締めるようにすると、さらに効果が出やすくなります。

自分でも締める動作をすることで、筋肉に刺激が加わり、もっと締まりが良くなっていくのです。

じつはスポーツ選手は足首に重りをつけて生活しているだけでなく、筋トレも定期的に取り入れています。

これは、重りをつける「ながら筋トレ」だけではなく、普通の筋トレも取り入れて筋肉に刺激を与えると、筋トレの効率が上がるからなのです。

同じように骨盤底筋もたまには自分でギュッと締めてあげると、グッと効果が出やすくなります。

1日3回…という風に真剣にやる必要はありません。

ちょっと思い出したときにキュッと締めるだけでいいので、私のようなズボラな人間でもできそうです。

まとめ

骨盤底筋をギュギュっと引き締めて、尿漏れ対策や膣トレができるibz着圧下着ですが、「効果なし」という体験談もありました。

ibz着圧下着は、負荷がとても低い筋トレアイテムのようなものなので、週に1回や2回しか履かないと効果が出ません。

反対に、毎日履いて、しかも自分でもキュッと引き締める動きを取り入れていけば、毎日筋トレをしているようなものなので、効果をしっかり感じることができます。

毎日履く…となると、お洗濯の頻度にもよりますが、3枚や4枚は最低限ほしいところですね。

ズボラ人間の私は洗濯機をなかなか回さないので7枚は必要な気がします。

じつは、今なら公式ホームページで、5枚分のお値段で7枚届く嬉しいキャンペーンをやっていました!

7枚あれば絶対毎日履ける!と思い、急いで購入です。

尿漏れを治して年相応の下半身に戻るのが、今から楽しみです♪

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【ほぼ半額】ibz着圧下着を激安通販価格で買う方法

NO IMAGE

【詐欺】ibz着圧下着の機能は○○のみ!お尻周りが気になる人は買っちゃダメ!

NO IMAGE

【注意】ibz着圧下着はかゆい?肌に合うか買う前にチェックする方法